婦人科のご紹介(2019年4月より)

2019年4月より、乳腺外科と同じ女性専用フロアにて、検診だけではなく、婦人科外来として診療を始めます。

スタッフ(医師、放射線技師、看護師)全員女性です。

2階は女性専用フロアになっています。

受付からお会計までこのフロアで行っていただけます。
落ち着いた雰囲気づくり、女性スタッフならではの心くばりで、安心してご来院いただいております

生理、生理前の不調や異常、ピル処方、、更年期障害、かゆみやおりもののトラブルなど一般婦人科の診療をおこないます。

予約の患者様を優先させていただいております。
予約受付時間:診察時間内にお電話でお願いいたします。

☎︎ 0584-74-7065(女性クリニック直通番号)

☎︎ 0584-75-5078(病院代表番号)

直通番号が繋がりにくい場合には代表番号にかけてください。

診療時間

時間・曜日
午前9時30分〜12時
午後15時〜18時

◯ 診療
△ 診療 土曜日午後のみ 13時30分〜16時

/ 休診

診療内容について

婦人科疾患全般を診察致します。お気軽にご相談ください。

生理のトラブル(不正出血、生理不順、無月経、生理痛、量が多い・少ない)
おりものの異常(量・におい)
デリケートゾーンのかゆみ・できもの※
性病の心配
下腹部痛
生理前の不調(PMS・PMDD)
更年期症状
健康診断で”要受診”を受け取った方の診察
ピル処方(避妊用・緊急避妊、保険適応含む)
など

◆産科
 妊娠しているかどうか調べたい、妊娠反応陽性が出た方の診察を行います。おおむね妊娠成立~12週ころまで(妊娠4か月に入るまで)を対象としています。母子手帳をもらうために必要な妊娠届を発行できます。
 妊婦健診と分娩は取り扱っておりません。正常妊娠であることが確認された方は分娩可能な病院への紹介とさせていただきますのでご了承ください。ただし妊娠中の体調不良等で診察を希望される場合の保険診療には対応いたします。
流産、子宮外妊娠などの異常妊娠が疑われる場合は処置が可能な病院へ紹介します。
中絶手術は行っていません。

◆婦人科
 ○子宮がん検診
 大垣市子宮がん検診委託病院となっています。市外在住の方でも自費で検査を受けることができますのでご相談ください。子宮頸がん・体がんのいずれも検査できます。

婦人科ドック(乳がん検診 婦人科検診)→ 詳細はこちらをご覧ください

 また、以前に子宮がん検診で要精密検査となり経過観察が必要と言われている方や、手術を受けられた方の術後診察も行います。

 ○子宮筋腫
 成人女性の4人に1人は子宮筋腫があるといわれています。子宮筋腫を持っているというだけでは治療する必要はありませんが、筋腫により生理痛がつらい、生理の出血が多い、腰痛があるなどの症状を起こしている場合は治療の適応となります。
 治療としてはホルモン剤の内服で生理周期を整える方法、注射で生理を止めてしまう方法などがあります。手術により子宮の摘出、筋腫の摘出を行う場合もあります。年齢や出産歴、今後の妊娠希望があるか等によって適した治療法が変わってきますので、お悩みの方はご相談ください。
 
 ○卵巣腫瘍
 卵巣腫瘍は自覚症状がなく、大きくなって破裂したり捻転(卵巣・卵管がねじれること)を起こしたりして初めて見つかることがあります。生理痛や生理不順などの症状があることで見つかる方もいます。大きさや種類・症状によって治療方針が異なりますが、手術の適応ではない場合、当院で経過観察を行うことも可能です。

 ○子宮内膜症
 主な症状として生理痛、生理以外の時期の下腹部痛、過多月経、性交時痛などがあります。20~40代の方に多く、生理痛がつらくて仕事に行けないなど日常生活に支障をきたすこともあります。該当する症状のある方は一度ご相談ください。ホルモン剤の内服や注射が適応になることがあります。

○子宮脱・骨盤臓器脱
加齢に伴い子宮や膀胱・直腸など骨盤内の臓器を支えている筋肉が衰えてくると、これらの臓器が下がった感じが出てきます。これにより排尿障害(頻尿である、尿漏れがある、スムーズに出にくいなど)、不正性器出血、便秘などの症状が起きてきます。治療には手術療法もありますが、症状が軽度であったり手術がしにくい場合にはリングペッサリーを膣内に挿入して子宮や膀胱を押し上げ、元の位置に戻すという治療法が可能です。外来通院でできる簡単な処置です。当院でも挿入できますし、他院でペッサリー挿入された方の経過診察も行います。